株式会社エンバイオ・ホールディングス(東証マザーズ:6092)グループ土壌汚染調査・浄化 株式会社エンバイオ・エンジニアリング

当サイトは、2020年末に凍結されたアーカイブサイトです。
最新情報は、新コーポレートサイト enbio-eng.com
ご覧ください。

事例

  • 浄化工事
  • 面積8,000m2
  • 国 内
MVP揚水装置による重金属汚染地下水の浄化工事
MVPを用い、ほう素と砒素で汚染された地下水を揚水して汚染物質の回収を行いました。
詳細はこちら
  • 浄化工事
  • 面積1,900m2
  • 国 内
狭所部におけるフェントン反応剤注入および原位置土壌洗浄
ダブルパッカーを用いたフェントン反応剤の原位置注入や原位置土壌洗浄により、土壌および地下水の油とベンゼン汚染を浄化
詳細はこちら
  • 浄化工事
  • 面積18.15m2
  • 国 内
バイオベンティングを用いたSS跡地における油汚染土の浄化事例
バイオベンティングを用い、地下水面より浅い深度の油汚染土を浄化しました
詳細はこちら
  • 浄化工事
  • 面積100m2
  • 国 内
エアスパージングによる高アルカリ地盤環境の改善工事
エアスパージングを用い、高アルカリとなった土壌および地下水の中性化を行って地盤環境を改善しました。
詳細はこちら
  • 調査
  • 面積47,000m2
  • 国 内
ハンドヘルド型蛍光X線分析器を用いた汚染原因の判定分析
ハンドヘルド型蛍光X線分析器で、迅速に汚染原因の判定分析に適した土壌試料を採取し、汚染の原因、対象深さなどのデータを得ることができました。
詳細はこちら
  • 浄化工事
  • 面積6,000m2
  • 国 内
地下水揚水と化学酸化剤原位置注入を組み合わせたVOC浄化対策
地下水流向の下流側に揚水井戸を設置して汚染地下水を揚水・回収し、ダブルパッカー工法で化学酸化剤を所定深度に効率よく注入拡散させました。
詳細はこちら
  • 浄化工事
  • 面積1,300m2
  • 国 内
柱状改良機による鉄粉攪拌とバイオ攪拌の原位置対策
柱状改良機を用い、区画毎に鉄粉またはバイオレメディエーション促進剤を混合攪拌しました。
詳細はこちら
  • 浄化工事
  • 面積5600m2
  • 国 内
制約条件の多いサイトでの掘削除去工事
埋設文化財調査区域に指定と制約の多いサイトでの掘削除去を実施しました。
詳細はこちら
  • 浄化工事
  • 面積200m2
  • 国 内
電気ヒーターを用いた原位置熱脱着工法
深部の高濃度VOCs汚染に対して原位置浄化を実施しました。
詳細はこちら
  • 浄化工事
  • 面積400m2
  • 国 内
土壌汚染問題をかかえたクリーニング事業場の解決事例
浄化対策工事を行い、2年間のモニタリングを経て、要措置区域を解除しました。
詳細はこちら
  • 浄化工事
  • 面積130m2
  • 国 内
狭小エリアのクリーニング工場跡地の土壌浄化
テトラクロロエチレンに汚染された土壌の浄化対策を実施しました。
詳細はこちら
  • 浄化工事
  • 面積2,300m2
  • 国 内
二重管ダブルパッカー工法による六価クロムの原位置不溶化
六価クロムによる地下水汚染の拡散防止を目的に、還元剤を用いた原位置不溶化工法を実施しました。
詳細はこちら
  • 浄化工事
  • 面積1,200m2
  • 国 内
稼働中のガソリンスタンドでのバイオベンディング事例
営業中のガソリンスタンドで、操業しながら油汚染の浄化対策を実施しました。
詳細はこちら
  • 浄化工事
  • 面積630m2
  • 国 内
公共原位置浄化対策元請工事
東京都発注のVOCS汚染対策工事において、元請の立場で安全及び施工品質管理の適正な履行と環境基準値適合を両立する。
詳細はこちら
  • 浄化工事
  • 面積1194m2
  • 国 内
工場跡地の土壌汚染問題解決事例
工場経営者様の多くが、土壌汚染にまつわる問題で悩んでおられます。「行政手続きが複雑でよくわからない」、「調査や対策をどこにお願いしたらよいかわからない」など、これらの悩み、全て弊社グループで解決します!
詳細はこちら
  • 浄化工事
  • 面積23,800m2
  • 国 内
深部の土壌汚染を迅速に浄化
掘削除去では工期・費用共に効率の悪い深部の汚染を、掘らない浄化で迅速・安価に浄化完了しました。
詳細はこちら
  • 浄化工事
  • 面積670m2
  • 国 内
化学酸化とバイオレメディエーションのハイブリット工法
通常、酸化剤による浄化とバイオレメディエーションによる浄化の併用は困難と言われていますが、弊社のハイブリット工法では、それぞれの浄化方法の長所を活かす施工を可能としました。
詳細はこちら
  • 浄化工事
  • 面積330m2
  • 国 内
要措置区域のままの土地運用
要措置区域を弊社グループ会社が購入し、弊社が浄化を行いました。行政協議のうえ、2年間の地下水モニタリング期間中に要措置区域のまま住宅を建築し、販売することができました。なお、区域指定は解除済みです。
詳細はこちら
  • 浄化工事
  • 面積11,000m2
  • 国 内
浄化設備は駐車場の下へ。指定区域のまま商業施設開発
1期浄化工事完了後に商業施設を開発しました。2期浄化工事のために駐車場下部に浄化設備を埋設して用意しましたが、1期浄化工事のみで浄化が完了、無事に区域指定は解除されました。
詳細はこちら
  • 浄化工事
  • 面積1,100m2
  • 国 内
操業中の建屋内での完全浄化
小型の機械を駆使して、現況建物のまま薬剤注入による浄化を実施しました。
詳細はこちら
  • 浄化工事
  • 面積30,700m2
  • 国 内
4,900m3の重金属汚染を2.5か月で区域指定解除
4,900m3の重金属汚染土壌のサイトにおいて、事前の行政協議を周到に行うことにより、準備工を含め2.5ケ月という短期間での区域指定解除を可能にしました。
詳細はこちら
  • 調査
  • 面積50,000m2
  • 中 国
中国土壌汚染防治法に基づいた調査及びリスク評価
中国において2019年1月に施工された土壌汚染防治法のもと、最新の行政指導に基づいて調査・リスク評価を行い、検収審査会を通過した事例です。
詳細はこちら
  • 浄化工事
  • 面積40,000m2
  • 中 国
土地の用途変更(宅地化)に伴い、新工業園区へ移転する化学工場での土壌汚染対策の事例
中国では、環境保護部通知(工場閉鎖、移転、跡地利用再開発における汚染防治に関する通知、2014年、66号)により、移転する工場での土壌調査浄化実施が制度化されつつあります。
詳細はこちら
  • 浄化工事
  • 面積500,000m2
  • 中 国
土地の再開発(工業地帯から新都心)に伴い、移転した 石油化学工場跡地での有機化合物複合汚染の浄化事例
当該工場(農薬製造工場)跡地では多種類の有機化合物による土壌汚染(複合汚染)が存在していました。弊社は日本で特許を持つCフェントンを用いて、この複合汚染サイトを浄化しました。
詳細はこちら
  • 浄化工事
  • 面積60,000m2
  • 中 国
土地の再開発(工場からマンションへ)に伴い移転した、電力機材製造工場跡地での重金属土壌汚染の浄化事例
この案件は2014年2月から、工業団地と住宅区域の再編成のために、江蘇省の条例に基づいて一連の調査・浄化が開始された現場です。
詳細はこちら

お問い合わせ

お問い合わせ

相見積のお問い合わせもお気軽に。セカンドオピニオンとしてもご活用ください。土壌汚染に関するご相談:03-5297-7288 製品に関するお問い合わせ:03-5577-5528

お問い合わせ