浄化設備は駐車場の下へ。指定区域のまま商業施設開発|土壌汚染調査・浄化対策の株式会社エンバイオ・エンジニアリング

土壌汚染調査・浄化 株式会社エンバイオ・エンジニアリング

株式会社エンバイオ・ホールディングス(東証マザーズ:6092)グループ

土壌汚染に関するご相談:03-5297-7288 製品に関するお問い合わせ:03-5577-5528

メールでのお問い合わせはこちら

浄化設備は駐車場の下へ。指定区域のまま商業施設開発

浄化対象物質 塩素化VOCs 面積 約11,000m2
深度 GL-0.0m~10.0m 汚染土量 約7,000m3
区域指定の有無 有(旧:形質変更時要届出区域)
実施工法 酸化剤の混合攪拌と原位置注入
工期 浄化工事:4ヶ月 浄化工事後2年間のモニタリング

形質変更時要届出区域に指定されていた土地で、酸化剤の混合攪拌と原位置注入により施工しました。
区域指定解除のための地下水の2年間モニタリング中に商業施設の開発を開始しました。

開発後に万が一、地下水濃度が上昇した場合に備え、次期開発の駐車場下部に浄化設備を埋設して用意したが、地下水濃度が上昇する事はなく、無事に区域指定解除に至りました。

■施工状況

  • 事例一覧
  • 業種別提案
  • 土壌汚染浄化技術

お問い合わせ

お問い合わせ

相見積のお問い合わせもお気軽に。セカンドオピニオンとしてもご活用ください。土壌汚染に関するご相談:03-5297-7288 製品に関するお問い合わせ:03-5577-5528

お問い合わせ