土壌汚染調査・浄化 株式会社エンバイオ・エンジニアリング

株式会社エンバイオ・ホールディングス(東証マザーズ:6092)グループ

土壌汚染に関するご相談:03-5297-7288 製品に関するお問い合わせ:03-5577-5528

メールでのお問い合わせはこちら

二重管ダブルパッカー工法による六価クロムの原位置不溶化

浄化対象物質 六価クロム化合物 面積 約400m2
深度 土壌:GL-0m~13.0m 汚染土量 約2,300m3
区域指定の有無 有(要措置区域)
実施工法 二重管ダブルパッカー工法による六価クロムの原位置不溶化
工期 4ヶ月

六価クロムによる地下水汚染の拡散防止を目的に、還元剤を用いた原位置不溶化工法を実施しました。

土壌汚染がGL-13.0mと深い深度まで分布していること、周辺が閑静な住宅街であり大規模な土工事が困難であることより、掘削を伴う工法が困難と判断され、二重管ダブルパッカー工法による六価クロムの原位置不溶化を選択しました。二重管ダブルパッカー工法は、33cmピッチに吐出し部分が付いた外管を建込み、パッカーのついた内管より特定の深度に低流量で注入することで確実性の高い施工が可能です。また、容易に再注入もできます。

本工法は、汚染を除去するものではありませんが、施工後のモニタリングにおいて経過は順調であり、低コスト低環境負荷な対策が有用な選択肢の1つであることが再認識される案件でした。

■施工状況

  • 事例一覧
  • 業種別提案
  • 土壌汚染浄化技術

お問い合わせ

お問い合わせ

相見積のお問い合わせもお気軽に。セカンドオピニオンとしてもご活用ください。土壌汚染に関するご相談:03-5297-7288 製品に関するお問い合わせ:03-5577-5528

お問い合わせ