株式会社エンバイオ・ホールディングス(東証マザーズ:6092)グループ土壌汚染調査・浄化 株式会社エンバイオ・エンジニアリング

採用情報 > メールでのお問い合わせはこちら

制約条件の多いサイトでの掘削除去工事

汚染物質 ふっ素、砒素
対策の対象面積 全体22,000m2のうち対策面積約5,600m2
対策土量 約10,000m3
対策深度 掘削除去:GL-0m~4.5m最大
区域指定の有無 有(形質変更時要届出区域)
実施工法 掘削除去
工期 11ヵ月

当該サイトは、学校跡地に住宅を建設する計画があり、敷地内の一部土壌が「ふっ素」と「砒素」で汚染されていました。形質変更時用届け出区域に指定されており、区域指定解除を目的とし掘削除去を実施しました。
対象となった敷地の周辺は、閑静な住宅地や公園に囲まれており、敷地内の約1/3が埋設文化財調査区域と指定されていました。このようなサイトにおける特殊な掘削除去は制約が多く、埋設文化財調査区域の指定深度以深については、人力にて遺構を破損しないよう慎重且つ適切な掘削と場外処理を実施しました。

  • 事例一覧
  • 業種別提案
  • 土壌汚染浄化技術

お問い合わせ

お問い合わせ

相見積のお問い合わせもお気軽に。セカンドオピニオンとしてもご活用ください。土壌汚染に関するご相談:03-5297-7288 製品に関するお問い合わせ:03-5577-5528

お問い合わせ