株式会社エンバイオ・ホールディングス(東証マザーズ:6092)グループ土壌汚染調査・浄化 株式会社エンバイオ・エンジニアリング

採用情報 > メールでのお問い合わせはこちら

バイオベンティングを用いたSS跡地における油汚染土の浄化事例

汚染物質 TPH、油臭、油膜
対策の対象面積 18.15m2
対策土量 54.45m3
対策深度 GL-2.00m~3.00m
区域指定の有無 なし
実施工法 バイオベンティング
工期 3ヶ月

本サイトでは土壌中に油分(TPH、油臭・油膜)汚染が確認された。浄化対象範囲が不飽和帯(地下水面よりも浅い深度)に存在し、その範囲が幹線道路に面しており、移設できない地中構造物が存在していた。そのため、山留鋼矢板を設置しての掘削除去や化学酸化剤の混合処理による汚染の除去工事の適用が困難であったことから、浄化工法をバイオベンティングに選定した。
バイオベンティングとは、不飽和帯において、土壌中の空気を吸引(もしくは注入)することで土壌中を好気的に保ち、栄養剤を井戸から注入することで、微生物を活性化させ、汚染物質を分解させる原位置浄化工法である。
土壌ガス吸引時には、浄化対象範囲内の井戸における負圧および風量を確認することで、土壌中の空気が循環していることを随時確認しながら実施した。

  • 事例一覧
  • 業種別提案
  • 土壌汚染浄化技術

お問い合わせ

お問い合わせ

相見積のお問い合わせもお気軽に。セカンドオピニオンとしてもご活用ください。土壌汚染に関するご相談:03-5297-7288 製品に関するお問い合わせ:03-5577-5528

お問い合わせ