株式会社エンバイオ・ホールディングス(東証マザーズ:6092)グループ土壌汚染調査・浄化 株式会社エンバイオ・エンジニアリング

採用情報 > メールでのお問い合わせはこちら

エンバイオ・エンジニアリングの業務内容

土壌汚染の可能性を知りたい
土壌汚染の状況を知りたい
より詳しい汚染状況が知りたい
対策範囲を絞り込みたい
浄化対策を検討したい
土地活用のリスクを知りたい
工事費・工期が知りたい
浄化工事を依頼したい
住民説明会・行政対応もしてほしい

地歴調査

土壌調査
状況調査詳細調査

リスクコンサルティング
(対策工法の比較、室内試験)

浄化対策
(計画の立案、浄化工事の施工)

リスクコミュニケーション

土壌問題の解決

サービス案内

Information

プレスリリース

2019.10
令和元年10月2日付環境新聞にダイレクトセンシングについての弊社社員のインタビュー記事が掲載されました。
2019.8
弊社社員による論文が「環境浄化技術」(発刊元:日本工業出版 2019年9月1日発行 第18巻第5号(通巻151号)) に「原位置浄化のためのダイレクトセンシング技術による事前評価」が掲載されました。
2019.8
「NNA.ASIA」にエンバイオ・ホールディングスの中国子会社である「恩拜欧(南京)环保科技有限公司」に関する記事が掲載されました。
詳細はこちらよりご覧ください。
2019.5
全国クリーニング協議会発行の『ニュークリーナーズ』第574号に「相続税対策・還付手続きサポート」の記事が掲載されました。弊社の新サービスをご紹介しております。
2018.4
アロマティクス2018年春号Vol.70の特集に「ベンゼンおよび油汚染を対象とした原位置浄化技術」が掲載されました。
2017.6
環境管理2017年6月号Vol.53の特集に「油汚染の原位置浄化技術」が掲載されました。
2017.5
共同研究の成果が東京農工大学のホームページにリリースされました。
塩素化エチレン類をエチレンまで脱塩素化するバイオレメディエーション技術の実用化に向けて準備を進めています。
東京農工大学の下記ホームページをご参照ください。
「土壌汚染浄化に有効な微生物の発見とそのゲノム解析で明らかになったゲノムの組換え」
2016.9
弊社取締役 エンジニアリング部長の草場のインタビュー記事が「工場管理」(発刊元:日刊工業新聞社 平成28年10月1日発刊 第62巻第11号(通巻864号))の トレンド「工場操業中に土壌汚染対策を!低コストで確実に浄化する土壌汚染工法を提案」に掲載されました。
詳細は、日本工業新聞社ウェブサイトをご確認ください。
一部抜粋はこちら
2016.9
弊社の研究者による論文が「環境浄化技術」(発刊元:日本工業出版 平成28年9月1日発刊 第15巻第5号(通巻133号))の 特集「原位置加熱浄化技術(In-Situ Thermal Remediation)の紹介」に掲載されました。
詳細は、日本工業出版ウェブサイトTOP>環境浄化技術 2016年9・10月号をご確認ください。
2016.6
平成28年6月15日付環境新聞に弊社社長のインタビュー記事が掲載されました。 平成28年6月15日付環境新聞をご確認ください。
2016.6
三菱地所リアルエステートサービス様コーポレートサイト内コラム「スペシャリストの智」に、弊社社長のインタビュー記事が掲載されました。 こちらをご確認ください。 日本経済新聞電子版でもご覧いただけます。 日本経済新聞「CRE戦略を考える」をご確認ください。
2015.10
弊社 代表取締役 西村が取材を受けました、ネットTVの映像が公開されましたのでお知らせいたします。
内容は、「社長室インタビュー 社長室101」をご覧ください。
2015年9月
弊社研究者による論文が「環境浄化技術」(発刊元:日本工業出版 平成27年9月1日発刊 第14巻第5号(通巻127号))の特集「最新の土壌・地下水浄化技術」 に掲載されました。詳細は、 ハイブリッド工法による地下深部高濃度塩素化VOCs原位置浄化をご覧ください。
2015年8月
弊社と東京農工大学で共同研究を行ってまいりましたシアンの分解菌について、この度シアンを分解する細菌を見出し、 単離(微生物単体を取り出すこと)に成功し、特許の出願を行いました。詳細は、 シアン分解菌の単離と特許出願についてをご覧ください。
2013年10月
原位置浄化で信頼の10年』環境新聞2013年10月30日付11面紙面に掲載されました。
2013年9月
環境バイオテクノロジー学会誌(Vol.13 No.1 August 2013)に『バイオレメディエーション実際の土壌汚染浄化現場からの報告と最新の技術トレンド』が掲載されました。
2013年8月
環境浄化技術(2013.9-10 Vol.12 No.5)に『過硫酸を用いたVOCsの原位置浄化対策』が掲載されました。

一覧を見る

発表論文

一覧を見る

活動実績

2019年6月
エンバイオ・エンジニアリング第2回安全大会を実施し、TKP東京駅八重洲カンファレンスセンターに30社を超える協力会社が集まりました。安全講話の聴講、協力会の設立、キャリアアップ支援の説明会を実施して安全意識の高揚を図るとともに、懇親会も併せて行われてお互いの親睦を深めました。
2019年4月
4月14~18日にかけて、米国のメリーランド州ボルチモア市において、「バイオレメディエーションとサステナブルな環境技術に関する国際会議」に参加した様子をレポートにまとめました。
2018年11月
11/29~12/1に東京ビックサイトで行われた「第56回 全国クリーニング研究大会・機械資材展示会(クリーンライフビジョン21)」でクリーニング工場における土壌汚染の実例セミナーを行いました。
2018年4月
4月 8日~12 日にかけて 、米国のカリフォルニア州パームスプリングス市のルネッサンスホテルに併設された国際会議場にて、「塩素化化合物 および難分解性化合物に関する国際会議(バテル・カンファレス)」に参加した様子をレポートにまとめました。
2017年11月
11/09~10に沖縄県男女共同参画センターで行われた「第23回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会」の様子を研究集会レポートにまとめました。
2016年12月
12/2~4に東京ビックサイトで行われた「第54回 2016東京国際クリーニング総合展示会」および「第1回 国際コインランドリーEXPO2016」の様子をレポートにまとめました。
2016年10月
10/20~21に沖縄で行われた「バイオ浄化技術の沖縄県内土壌汚染への利用シンポジウム」の様子をレポートにまとめました。
2016年8月
2016年6/23~24に京都大学で行われた「第22回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会」 の様子を研究集会レポートにまとめました。
2016年7月
原位置熱脱着工法による浄化サイトの見学、バイオレメディエーション薬剤を中心としたメーカーであるリジェネシス社の新商品の使用に関する研修、ならびにカリフォルニアで 開催された土壌地下水汚染に関する学会へ参加した様子を海外研修レポートにまとめました。
2015年12月
埼玉県のクリーニング工場跡地の地下水汚染を化学酸化・バイオレメディエーションにより浄化した事例を現場レポートにまとめました。
2015年7月
2015/6/18~19に九州大学で行われた「第21回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会」 の様子を研究集会レポートにまとめました。
2015年5月
当社が設立時に原位置浄化技術を導入した ERFS社と、バイオレメディエーション薬剤を中心としたメーカーであるリジェネシス社に訪問した様子を海外研修レポートにまとめました。

一覧を見る

お問い合わせ

相見積のお問い合わせもお気軽に。セカンドオピニオンとしてもご活用ください。土壌汚染に関するご相談:03-5297-7288 製品に関するお問い合わせ:03-5577-5528

お問い合わせ