土壌汚染調査・浄化 株式会社エンバイオ・エンジニアリング

株式会社エンバイオ・ホールディングス(東証マザーズ:6092)グループ

土壌汚染に関するご相談:03-5297-7288 製品に関するお問い合わせ:03-5577-5528

メールでのお問い合わせはこちら

原位置化学酸化

浄化対象地盤に酸化剤源と触媒を導入してラジカル反応を発生させ、原位置で汚染物質を酸化分解する工法です。汚染土壌を掘削、場外搬出せず場内で土壌浄化ができるため、短工期に伴うコスト削減、低環境負荷を特徴とした浄化対策として注目されています。

対象物質

  • ● 塩素化 VOCs
  • ● ベンゼン
  • ● 燃料油(重油を除く)
    ※あらゆる有機化合物(VOC)を酸化分解します。

メリット

高濃度の汚染にも適用でき、短期間に浄化できるのが最大のメリットです。一方、反応持続時間が短いため、酸化薬剤と対象物質との接触をいかに効率的に行わせるか、慎重に検討することが必要となります。エンバイオ・エンジニアリングの経験と実績に基づく独自の設計ノウハウと、薬剤導入技術の組合せが成功の鍵となるのです。

化学酸化剤

  • ● フェントン反応剤(過酸化水素+硫酸第一鉄+ pH 調整剤)-3種
  • ● アルカリ活性化過硫酸ソーダ(過硫酸ナトリウム+ RegenOx B 剤)
    ※浄化対象地盤の状況に応じて上記の薬剤を適宜使用します。

フェントン反応のメカニズム

過酸化水素と 2 価の Fe イオンが反応すると、高い酸化能力を有するヒドロキシラジカルが生成し、それが有機物質を攻撃して分解します。 pH 調整剤の種類を変えることにより、反応速度や反応持続性を制御することができます。


解決フロー

  • 浄化技術一覧
  • 実績
  • 会社情報

お問い合わせ

相見積のお問い合わせもお気軽に。セカンドオピニオンとしてもご活用ください。土壌汚染に関するご相談:03-5297-7288 製品に関するお問い合わせ:03-5577-5528

お問い合わせ